テキストファイルの軽さ・・・/橘橋

橘橋で宇治川をわたる
宇治上神社3-1

源氏物語 『宇治十帖』 に出てくる薫も、
そして大君・中君の姉妹も・・・煌びやかな衣装でこの橋を渡ったのかしらね。
撮ってみたかったなぁ~(*´艸`*)

「無礼者!」
って、即死刑かなぁ~(´▽`*)アハハ


●● “[Read More]” に、宇治上神社での写真が2枚あります●●


 「テキストファイルの軽さを見るたびに、文字の限界を感じる。」

1月4日の記事
「母はきっと、ちょっぴり死にたかった」でご紹介した 嘉島唯さんが、
「書くという行為について」  https://note.mu/yuuuuuiiiii/n/n776002e84df2 のなかで

 テキストファイルの軽さを見るたびに、文字の限界を感じる。 と・・・

たしかに、
上の写真は125KB あるが、
この記事の文字だけをメモ帳で保存してもせいぜい 2・3KB。


でも、
わたしの “へらぁ~と撮った写真” に比べたら、
嘉島唯さんの思いの詰まった “ことば” の方がずっと重い。
心に響く。

おっしゃるように、
 「何かを伝えたり表現するならば、映像や写真の方がずっと有効」 
なのだろうとわたしも思う。

その視覚的に無力な?不利な?文字で、
人に感動を与え、
ときには喜びや勇気さえも与える文章というのは
ただただすごいと思う。


 ソンナ ヒトニ ワタシハ ナリタイ。

またかい。無理!(´゚m゚`)プッ


<今日のココロのカタチ:せめて・・その “表現力の有効な写真” でちゃんと伝えられるようになりたいです。これも無理(´▽`*)アハハ >



紅葉のグラデーションがキレイでした。
宇治上神社3-2


はぁ~いパチリ。
宇治上神社3-3
男性の写真に、同じようにカメラを構えている “わたし” が写っているんだろうね。(*´m`)むふ♪
くぅ
Posted by くぅ
投稿 2019年01月07日
最終更新 2019年01月07日

15 Comments

There are no comments yet.

onorinbeck  

宇治のお写真素敵ですねー。
そうそう、文字だけで人を感動させられるのって凄いと思いますよ。
僕には絶対に無理^_^

2019/01/07 (Mon) 08:17
くぅ

くぅ  

●onorinbeckさん
おはようございます~コメントありがと~♪

写真ありがとうございます。
“赤” がきれいでした。
そうだねぇ~
文章の羅列・・見てると睡眠薬代わりになることも・・・(;´▽`lllA``
でも、写真でそれはないよね?
せめて睡眠薬代わりでお役に立てるかな?わたし・・・

2019/01/07 (Mon) 08:27

ぱふぱふ  

視覚に勝る言葉の重みってあるよね
今の時代はテレビ優先ですが、ひと昔前はラジオを聞いて
その状況を感じたり、書を読んで想像して理解していたのですが
一目瞭然なんて四字熟語のように、視覚から判断されてしまうことで
物事の憶測深い部分がないがしろにされていますから
どちらがということにはなりませんが~時代とともにですね
忙しい現代は見て感じる時代だから仕方がないですね

じっくり読んで・・から正確に聞いて・・さっと見ての時代(笑)

2019/01/07 (Mon) 10:29

つばさぐも  

こんにちは

この橋は幾多の人が渡ったことだろか…。

文字の重みってありますね。
軽さが際立つこともあったりするけど…。

写真も文字も
表現する難しさを感じます。

2019/01/07 (Mon) 12:31

@我楽多  

まぁ~理系の私にすれば文章を書くと言う事は、レポートを書くと言うよりもっとハードで難しく感じます・・・
人を感動させる文章と言うものは、中々書けるはずも無くましてや何の訓練も受けていない理系に書けるはずも有りません・・・
百聞は一見に如かずって言いますから写真を撮っているのかな???

2019/01/07 (Mon) 14:38

トマトの夢3  

こんにちは♪
赤い橋インパクトがありますね
最後の写真 くぅさん きっと 撮られていますよ~ ^^
文章で読む人の心を動かすのは
容易な事ではありませんね・・・

2019/01/07 (Mon) 15:18

キヨ  

こんにちは(^_^)

そうですねぇ
言葉で伝えるっていうのは難しいですね
見たらすぐ解ることも
表現が難しいです
スポーツなんかもビデオが普及して
自分のフォームを見て
ビックリじゃないでしょうか
こんなフォームだったの・・・
たぶん自分のイメージとは程遠いと思います

2019/01/07 (Mon) 15:49

野付ウシ  

くぅさん、こんにちわ。 面白いことに着目していますね、さすがくぅさん!
画像はどんどん重くなってますね、APCで10MB前後、フルサイズなら数十MB、野付ウシはRAWあまり使わないですから軽い方かもしれません。それでも人に伝えるのは難しいですね。
文字は軽いけど詠む人の想像力を限りなく膨らませることもできますし、百人百様の感じ方がありますから、見えないことで魅力もありますね。
まぁ写真家や小説家のような感覚には、とうていなれませんけど・・・

2019/01/07 (Mon) 16:38

さくら.i  

この橋何度も渡ったような・・・
ステキなところですよね。
写真も映像も文章も人に何かを伝えるというのは
難しいと思います
結局、自分のために撮ったり書いたりする自分よがり
の行為だと私も思います。
その結果、誰かの心に響くことがあれば・・・
それは素敵なことなのではないかしら。
くぅさんのブログ十分誰かの心に響いていると思いますよ。

2019/01/07 (Mon) 17:43

はるま  

紅い橋が雅ですねー
写真には写真の良さが、
文章には文章の良さがあり、
どちらも魅力ある表現方法だと思います。
写真でズバッと見せられると、
あまり想像の余地がありませんが、
文章で雅と書くと、
人それぞれ想像するものが違ってくると思います。
読む人に想像の余地を残すのが、
文章の魅力だと思います^^

2019/01/07 (Mon) 17:56

よっちん  

宇治に行くたびに
外国人が増えている気がします。

抹茶スイーツの店なんて
日本語が聞こえてきませんわ^ - ^

応援ぽち

2019/01/07 (Mon) 20:26

NOB  

深いね!


ぽちっと!

2019/01/07 (Mon) 20:59
くぅ

くぅ  

こんばんは~コメントありがと~♪

●ぱふぱふさん
そんな風に言われてみると、
TVの映像なども、解説があると違って見えてくることがありますよね。
人の言葉が加わると重みがあるのかなぁ・・・
受け取り方によって違うと言うこともあるのでしょうね。
確かに見る事の方が素早く感じ取れることが多いのかも。
そうが忙しい現代人には合っているのでしょうね。

おっしゃるように、
読んで、聞いて、見て・・・
それが一番なのでしょうけれどね。


●つばさぐもさん
古くから伝わってきたもの・・・なんだかフシギです。

文字には映像とはまた違ったものがあるんだろうね。
うん。うん。
写真も文字も表現力なんだろうね。
磨かなくちゃ?(;´▽`lllA``


●我楽多さん
確かに難しいですね。
文字・言葉は
受け取り方によって誤解を招くこともあるし。
方法は色々あるのでしょうけれど、表現することは奥が深いです。


●トマトの夢3さん
うん。うん。赤い橋・・・なんだか京都の “赤” に引き寄せられました。
そうだよね。撮られてるね。
どんなかチョッと興味あり。(笑)
文章力のある方、写真も表現力のある方、
いずれも、素敵ですよね~♪


●キヨさん
伝えるというのは方法は色々あるけれど、
時に誤解されることもあるし、
映像など角度によっては違って見えたりね。
やっぱり「言葉を尽くす」って、大事だよね。
ビデオ・・・なんだか自分を見るの怖いわ。≧(´▽`)≦アハハハ


●野付ウシさん
嘉島唯さんのおっしゃること、そうだよなぁ~と。。。

画像もカメラの性能が良くなって重くなってますね。
テレビも4Kや8Kと、よりクリアになってきてますよね。
でも、やっぱりそこに言葉という表現が加わると違ってくるよね。
人間ってやっぱりすごいね。
人間らしく?言葉を尽くしてちゃんと表現しなくちゃね。(;´▽`lllA``


●さくら.iさん
そうですかぁ~何度も渡られましたか。
イニシエの・・・なんだかそんな気持ちになりました。

そうですね。
手段は色々ですがそれを駆使して伝えるのは難しい。
ブログでもそうですね。
写真にしろ、言葉にしろ、ともすれば正しく伝わらなかったりね。
確かに自分のためですが・・・
ありがとうございます。^^;
「心に響く」そうでありたいですね。頑張ります。(;´▽`lllA``


●はるまさん
おっしゃるとおりですね、それぞれの表現方法には、
それだけが出来る何かがあるはずですもんね。
なるほど
文章は、読む人に想像の余地を残す。
「雅」ひとつとっても、おっしゃるとおりですね。
解りやすい説明ありがとう~(^ー^)


●よっちんさん
外国人・・・そうなの?
ガイドブックなどで広く知られるようになったのかな?
抹茶スイーツ・・・抹茶は人気のようですね。(*´m`)むふ♪
応援ありがとうございます。


●NOBさん
うん。深いね。
作業進みましたか?
忙しい時にありがとね。

2019/01/07 (Mon) 22:45

jugemu  

文字と写真を比べるなんて
彼と彼女の間の距離を
地球と太陽の間の距離とで比べるようなもの。
昔はずっとラジオで過ごしていたけど
自分なりの空間が広がっていた。
いまキーボード叩きながらテレビの音声を聞いているけど
ほとんどの場合その情景は浮かんでこない。

文字の限界を感じる必要はないわけで
文字でしか表せないこともいっぱいあると思いますよ。
また文字の方が写真よりずっとたくさんの
思いが伝えられることもあると思います。
かくいう私もラブレターを書いたこともあるけど
あれは絶対写真では表せない、
今思い出しても額に汗するけど、、、。
何を書かすんやねん!、
つられていらんこと書いてしもたわ。

2019/01/08 (Tue) 03:30
くぅ

くぅ  

●jugemuさん
おはようございます~コメントありがと~♪

そっかぁ~
彼と彼女の間の距離かぁ~
で、どうなの?その単位はセンチ?それともキロメートル?(*´艸`*)
ラジオからテレビねぇ~確かに。
ラジオはほとんど聞かなくなりました。
きっと感動するような番組もあるのでしょうけれどね。

文章で表現するか。
視覚的なもので表現するか。
どちらも受取手の感受性に依存する部分があるのでしょうね。

確かにおっしゃるように、
文章の方が思いを伝えられる部分もあるような。
こうやって文字での交流を通しても、
人のなりや個性が解ってくるもんね。

jugemuさんのラブレター(*´m`)むふ♪
見てみたい~♪
どんなこと書いたんだろう。=*^-^*=にこっ♪

2019/01/08 (Tue) 08:25

Leave a reply