ココロのカタチ

ARTICLE PAGE

08 2016

黒部ダム

黒部ダム
黒部ダム2
220段の階段を上ると、ここにたどり着きます。


●● “[Read More]” に、黒部ダムと黒部湖の根性松?(笑)の写真があります●●


昭和31年から7年の歳月を経て完成した黒部ダム。

当時の金額で513億の巨費が投じられ、
延べ1,000万人もの人手により、完成したそうですが、
大変な難工事で、
工事期間中の転落やトラック・トロッコなどによる労働災害による “殉職者は171人” だそうです。

その様子は、映画やドキュメンタリーで紹介されてますね。

黒部川全体の年間の発電量は約31億kWhで、
一般家庭で約100万戸が1年間に使用する電力だそうですよ。


ここから、水煙をあげながらものすごい勢いで水が放出されるようすは、
写真などでよく目にしますが、
その放水量は毎秒10立方メートル以上だそう。

でも、残念!
「 “毎年6月26日から10月15日まで” の期間中に限定されたもの。」で、
「観光放水」と呼ばれるものだそうで、
シーンを見るには、ちょっと遅かったようです。

発電所・変電所などの全施設は、
冬期の雪害防止と、中部山岳国立公園の自然景観維持の観点から、
「地下150mにつくられている」 そうです。


ここへ来るにはトロリーバスできました。

ここから20分ほど歩き、黒部湖へ。
さらに、ケーブルカー・ロープウエイ。
またまたトロリーバスで 2450メートルの室堂へ、
さらにバスとケーブルカーで立山アルペン村へと移動したのでした。


<今日のココロのカタチ:続きます。お天気が悪かったのは殉教者への供養?次からはお天気は↑↑でした。>



黒部ダム観光
黒部ダム1
黒部ダム

黒部湖の根性松?(*'ー'*)ふふっ♪
黒部湖の松
FC2ブログランキング投票ボタン ポチッ!よろしく(*^ー^)/  日記-写真日記 で何位?

 

11 Comments

onorinbeck  

220段ってキツイですよねー。
黒部ダムって期間限定の放水なんですかー。でも、この景色見れたら満足でしょ。
僕もいつか行ってみたい。

2016/11/08 (Tue) 09:24 | EDIT | REPLY |   

はるま  

こんにちは。
凄いですねー
こんなものを作り上げた人間の英知と勇気に感動します。
黒部の太陽って映画をテレビで見ました。
トンネル工事がメインだったように記憶してますが、
相当の難工事だったようですね。
確か映画ホワイトアウトのロケ地も、
黒部ダムだったように思います。
黒部立山アルペンルート、行ったことないんですよね。
行ってみたいなー

2016/11/08 (Tue) 09:32 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

おはようございます~コメントありがと~♪

●onorinbeckさん
220段はそれなりに・・でした。(笑)
「観光放水」だってぇ~びくりだよね。
しかも期間限定。
ちゃんと調べてから行かなくちゃだよね。
うん。まぁ~それはしかたないけど、
いろんな乗り物を乗ったし、景色で満足してきました。(^ー^)


●はるまさん
ほんと「プロジェクトX」を観ながら向かったので、
よけい感動しました~♪
すごいなぁ~人間って・・・(--)(__)(--)(__)
そうなんだぁ~
ロケ地にもなってるんだぁ~
「黒部の太陽も」「ホワイトアウト」も観てないんで観てみたい。

アルペンルートの「トロッコ」、これまた良かったよぉ。
明日でもご紹介するね。

2016/11/08 (Tue) 10:35 | EDIT | REPLY |   

キヨ  

こんにちは(^ ^)
迫力ですね
自然もイッパイ
大変な苦労だったんでしょうね

それにしても、こういう所をバスで回るって
楽しそうでイイですね〜♪

2016/11/08 (Tue) 14:40 | EDIT | REPLY |   

@我楽多  

「黒部の太陽」は、1964年木本正次が毎日新聞の連載小説が原作です・・・
映画は、三船プロダクションと石原プロモーションの共同制作で監督
熊井啓、石原裕次郎・三船敏郎等が出演、1968年公開・・・
テレビドラマは、日本テレビ制作、監督吉田憲二・ 渡邊祐介・鈴木清順・若杉光夫、出演者寺田農・吉田日出子・石原裕次郎・松下達夫・宍戸錠・芦田伸介、1969年8月3日 - 10月12日放映・・・
です・・・
参考までに・・・








2016/11/08 (Tue) 19:01 | EDIT | REPLY |   

koozyp  

こんにちわ

良くぞこんな所にこんな物をって感じますよね
人間って凄いって感じる所でもありますね 人間が
小さく見える程のスケールで圧倒されますが下から
見上げるともっと凄いのでしょうね・・・・ダムも
ですが周りに点々と見える紅葉さんも凄いですね
冬には厳しすぎって所ですがそんな時でもダムは
しっかりお仕事中なのがもっと凄い所ですね

それでは

2016/11/08 (Tue) 21:25 | EDIT | REPLY |   

トマトの夢3  

こんばんは♪

観光放水とは思いもしなかったです
220段 下から見上げると その倍はあるように見えますね
爽快でしょうね~(^^)

2016/11/08 (Tue) 22:15 | EDIT | REPLY |   

jugemu  

真打登場ですね、黒四ダム。
私たちが見るのはほとんど2枚目みたいな写真で3枚目みたいなのは初めてです。
もちろん4枚目も、話にすら聞いたこと無かった、ここにもど根性ですか。

黒四ダムは映画でも見たけど、吉村昭というドキュメンタリー作家の
本が面白いというか緊迫感がハンパじゃない。(高熱隧道)
そもそも関電の計画から現地調査と始まって実際の工事まで
手に汗握るストーリーが圧巻の作品です。

この人は北海道のヒグマの被害も描いてるけど(羆嵐)
これは手に汗握るなんて生易しいものではなく、
この人地獄へ堕ちるのではと思うくらい非業の有様を
描いていて、読んでいて「もう止めて」と叫びたくなる。

映画もいいけどやっぱ活字に勝るものは無いと思いました。

あのトロリーバス、確かトンネルを走っていたような、、、
途中で行き違いの場所があったですよね。
私が東京に来たころ上野から浅草今戸までトロリーバスが
走っていました、トロリーバスと聞くと懐かしい。

明日は大荒れの吹雪みたい、自宅警備に専念しましょう。

2016/11/08 (Tue) 22:37 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

おはようございます~コメントありがと~♪

●キヨさん
そうですねぇ~100人以上の死者を出し7年をかけた工事ですからね。
色々苦労があったことでしょうね。

いろ~んな乗り物に乗りました。
新幹線にも乗っちゃったよ。=^-^=うふっ♪


●我楽多さん
そうですかぁ~
わたしはどちらも見ていないので・・・
情報ありがとうございます。


●koozypさん
ほんとですよね。
人間の忍耐力にも感服です。
今の若い子達、できるかなぁ~心配(*´艸`*)
わたし?ダメです。
何ヶ月もお風呂には入れないなんて・・体が腐りそうだもの。

スケールもすごいですよね。
四季の季節の変化が工事の慰めになったでしょうか。
あれっ?!トンネルの中は見えないね。^^;


●トマトの夢3さん
観光放水ってねぇ~=^-^=うふっ♪
工事で亡くなられた方達、どんな思いかなぁ・・・と、チラッと(-_-;)
結構な勾配ですよね。
工事の大変さがうかがえます。


●jugemuさん
そっか、真打ちですか。でもまだまだ続きます。
ど根性松は、わたしが勝手に思っただけですけどね。
松ってこんななの?

NHKの「クローズアップ現代」でしか工事の様子知らないけど、
すごいなぁって思いました。
ドキュメンタリーの作家さんの映画ですか。
それは迫力があるでしょうね。
「羆嵐」も、どこかの博物館で上映されたのを見たかも。
作家さんまで記憶にないけど・・・
もう亡くなられた方かな?
地獄でjugemuさんを待っているかも~^^;

うん。トンネルも走ったような・・・
そっか、懐かしいですか。

今の所良いお天気ですよ。
お出かけするので、このままだったらいいのだけれど~
はぁーい、ありがとね。気をつけます。

2016/11/09 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |   

K-Hyodo  

うわ〜、写真を見ただけで足がすくんじゃう!(>_<)
でもこれは、ぜひ現地で体感してみたいですね〜 (*^^*)

2016/11/09 (Wed) 18:23 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

●K-Hyodoさん
おはようございます~コメントありがと~♪

あれぇ~?!K-Hyodoさんだったら平気だと・・・
案外高所恐怖症だったりしてぇ~^^;
機会があったら是非~=^-^=うふっ♪

2016/11/10 (Thu) 09:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment