ココロのカタチ

ARTICLE PAGE

20 2016

砂山とアリンコ

鳥取砂丘の続きです
鳥取砂丘2-1
鳥取砂丘の一番高いところ馬の背を登る二組の人。

なんだか砂山を登るアリンコみたいですね。


右のお二人・・・?
左は親子さん?
小さいおこちゃんもがんばってますね。

わたしもここを登りましたが、
砂地というのは意外に登りやすいんですね。


そして・・・
鳥取砂丘2-2
おコちゃん、ここでギブアップかな?(*´m`)むふ♪

もうひと組は、
前の方が後ろの方を気遣っていらっしゃいましたが・・・大丈夫のようですね。


わたしもきっと、こんなアリンコみたいだったでしょうね。
鳥取砂丘2-3


そ~そ~昨日の続き、山頂の青年たちは・・・
鳥取砂丘2-4
こらぁ~!≧(´▽`)≦アハハハ


登りやすい砂山も、
こんなスピードをつけて降りていたら危ないってばぁ~
足を取られて、顔面から・・・( ̄m ̄*)

当日遠足できたという
2年生と4年生。
あきれて見てるじゃないですか。

あんなマネはしちゃいけませんよ。(*´艸`*)


<今日のココロのカタチ:遠足の小学生とも会話できて楽しかったです。センセイごめんなさい。>


FC2ブログランキング投票ボタン ポチッ!よろしく(*^ー^)/  日記-写真日記 で何位?

 

11 Comments

はるま  

こんにちは。
わ~っ、楽しそう~
写真としても面白いけど、
実際にここへ行ったらもっと楽しそうですね^^
登るのも結構大変そうだけど、
そうでもなかったというくぅさん、
日ごろからのウォーキングの成果ですね。
一気に駆け降りた若者4人、
若ければこそできたこと。
もし自分がやったら、足がもつれて、
顔面からのダイビング、間違いなしです^^;

2016/06/20 (Mon) 08:57 | EDIT | REPLY |   

ぱふぱふ  

何度も出かけたところですが・・あるとき~
後ろ見ないでますぐ歩けるかどうかって競走したことがあって
自分の足跡を見比べようってことで歩いたけど~~
意外と歩いてるようでぐにゃぐにゃですね・・自分の足跡(笑)
絶対まっすぐ歩く自信あったけど・・ダメなんですよ・・
これが人生だって・・わかったような事話し合ったこと思い出しました

2016/06/20 (Mon) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Rita  

くぅさま、はじめまして。
いつもご訪問いただきありがとうございます。

ほんとうに蟻さんにみえますね~^m^
えっ、砂地って登りやすいのですか?(◎_◎)
傾斜はどのくらいあるのでしょうか。
みなさま、素足で走って気持ち良さそうですね☆
これからも、よろしくお願いいたします^^

2016/06/20 (Mon) 10:32 | EDIT | REPLY |   

いその爺  

以前 サンドスキーと言うのでしょうか?
砂丘をスキーで滑る映像を観た記憶があります。
絶好の斜面だと思うのですが。。。
リフトがないのは辛そうだなぁ(笑

アリンコ写真好きです。

2016/06/20 (Mon) 13:04 | EDIT | REPLY |   

キヨ  

こんにちは(^ ^)
鳥取砂丘にも行って来たんですね〜
イイなぁ♪
行ってみたい、見てみたい、歩いてみたいです
こうして見ると、やっぱり大きいんですね

そう言えば鳥取ってやっとスタバが来た
というニュースが流れていましたが
砂丘の他に何が有名なんでしょう
名物はなんなんでしょう?

2016/06/20 (Mon) 15:11 | EDIT | REPLY |   

チャールズマンソン  

鳥取砂丘すごいですね。

本当砂漠みたいなんですね(笑)

自分も上から走って降りてみたいです(笑)

2016/06/20 (Mon) 20:37 | EDIT | REPLY |   

風  

こんばんは~♪

鳥取砂丘、広いんですね~
本当に蟻さんのように見えます
くぅさんも登られたんですね、足が砂の中に入ってしまわないのでしょうか
一足一足、頂上まで大変だったでしょうね
でも楽しそう、行って見たいです(*^^)v


2016/06/20 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |   

jugemu  

砂と空だけって景色もすごいね、
これだけの広域撮って他に何も入らない
ほとほと感心。

4枚目、左上の小さな空、
この小さな空が大きな役割。
あの空が無かったら平板、平凡になっちゃう、
このへんがやっぱりセンスの有り無しだね。♪

スケールの大きな写真ありがとう、
私もどこかへ行きたくなってきた。
あ、北海道でもアリンコって言うんだ !?。(*^^)v

2016/06/20 (Mon) 22:05 | EDIT | REPLY |   

トマトの夢3  

こんばんは♪

ほんとに アリンコに見える^^
くぅさん 馬の背まで 登られたんですね~
靴の中に 砂が入り
歩くの 大変だったのでは・・(・・?

2016/06/20 (Mon) 22:13 | EDIT | REPLY |   

onorinbeck  

ほんとだーーーーー!
砂丘のスケールが違うんですねー!
人がほんと蟻んこになってる。
こんなに広いんだねー!(^^)!

2016/06/21 (Tue) 06:03 | EDIT | REPLY |   

くぅ  

おはようございます~コメントありがと~♪

●はるまさん
見た目の斜面よりきつくなかったですよ。
でも、靴もソックスも砂だらけ。
みんながあんなに靴に砂を入れて帰ったら、かなり減ったかも≧(´▽`)≦アハハハ

ウォーキングというと最近全然歩いていません。
Fitbitも睡眠時間記録計になってしまってます。^^;


●ぱふぱふさん
わぁ~なんだか面白そう。
しまったぁ~自分の足跡まで観察するの忘れたわ。
わたしもグニャグニャかも・・・
もしかしたらおへその位置の具合による?(*´艸`*)
これが人生。。。哲学だね。^^;


●Ritaさん
いらっしゃいませ。
Ritaさんのブログ改めて拝見いたしました。
絵を描かれるんですね。
絵も写真もふんわりとして優しく女性らしい。
わたしにないものをお持ちかも・・・^^;

わたしが行ったときは砂山は登りやすかったですが、
カラカラに乾いていると登りにくいそうです。
運が良かったんですね。
そっか・・素足ねぇ~
わたしはクツのママだったので砂だらけに・・
黒い靴がグレーになっちゃいました。(*´艸`*)

今日はご訪問&コメントありがとうございました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね。(*^ー^)/


●いその爺さん
サンドスキーですか。
楽しそうですね。(^ー^)
ここはリフトを使うほど距離はないかも?

わぁ~うれしいなぁ。
いそのさんもアリンコ写真好きですか。
おんなじ、おんなじ~(*^o^)/□☆□\(^-^*) 


●キヨさん
良かったよぉ~鳥取砂丘。
北海道では見ない風景・・・かな?

うん。大きいね。
お日様どちらに沈むんだろう。
それも見れたら最高だね。

スタバが・・・うん。うん。=^-^=うふっ♪

鳥取というと「因幡の白兎」?(*´艸`*)
あ、砂の美術館も見てきたけれど、ここも圧巻でしたよ。
あとマツバガニなどの海産物や、フルーツもおいしいらしいですよ。


●チャールズマンソンさん
いらっしゃいませ~
チャールズマンソンさん・・外人さん?=^-^=うふっ♪
ブログタイトルが気になるタイトルですよね。(^ー^)

そうそうラクダもいましたよ。
どのくらい代金で乗せてもらえるのかな?
ラクダをパチリすると写真代を請求される場合もあるそうなので、
近寄りませんでしたが・・・^^;

機会がありましたらチャールズマンソンさんもぜひ~♪
今日はご訪問&コメントありがとうございました。


●風さん
広いですねぇ~
人間がちっちゃい!(*´m`)むふ♪

おっしゃるように砂だらけになりましたよ。
砂丘から出てから、靴とソックスの砂を払いましたが、たっぷりありました。(笑;)

幸い登りやすい砂の条件だったようで、
わりと苦労せず登れましたよ。
乾燥していると大変だったらしいです。
機会がありましたら是非~
なんと言っても絶景でした。(^ー^)


●jugemuさん
風があると風紋ができてもっとすごいらしいよ。
ちょっとお天気良すぎたかな。
でも風が強いとそれはそれで大変だろうね。
目にマスクしないといけないわ~

4枚目・・なるほど・・・
でも偶然です。
そんな風に発見するjugemuさんの方がすごいわ。
わたし、何のけいさんもなく、やたらパチパチしていただけだもの。(´▽`*)アハハ
センスねぇ~たぶんナッシング。^^;
数で勝負です。
でも、褒めていただけるのは嬉しいわ~♪
頑張らねば!(^ー^)

jugemuさんお忙しいもんね。
それにわたしの知らない東京、まだまだたっくさんありそうだよ。

うん「ありんこ」。
トーキョーでは言わないの?


●トマトの夢3さん
人間ちっちゃいねぇ~
悠久の自然から見たら、ひとりの人間の人生もミジンコサイズ。
大自然の前ではいろいろ考えさせられますね。
そうなんですよ。
砂だらけになりました。≧(´▽`)≦アハハハ


●onorinbeckさん
海は広いな大きいなぁ~♪
そしてそれに続く砂丘も~♪
もう歌わなくて良いって?≧(´▽`)≦アハハハ
本当に大きいですね。
自然の力は偉大です。

2016/06/21 (Tue) 10:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment