居心地のよい他者

『クソババア、はやくシネばいいのにネ』 と・・・


突然すごい言葉で、ビックリ?
ごめんなさぁ~い^m^
これは、あるお医者さんが患者さんに言った言葉なの。
そのお医者さんは、自分の仕事は 「人を承認すること」 と言い切っています。
ガーベラSピンク
*写真はクリックすると大きくなります

まず、じっと患者さんの話を聞く。
そうすると患者さんは、誰にも言えなかった自分の想いを語り出す。
どんどんどんどん想い出してもらい、
じっとじっとじっと聞くそうです。

そして出つくしたところで、患者さんのあふれ出た言葉を受け止め、
上の言葉のように、
患者さんの想いを “承認” するのだそうです。


“そんなことは決して想っちゃイケナイ” と、閉じこめていた言葉を、
患者さんに代わって言ってあげることで、
“そう想ってても当然だったのかぁ~” と、
体を攻撃していた感情が解放され、良い方に向かうそうです。

--------------------------------

昨日の夕刊に、
中京大社会学部、加藤晴明教授のこんな記事が載っていました。

●現代人は、パソコンやケータイを駆使して、文字や写真でコミニケーションをし続けるのだろうか?
ブログのような簡易日記システムを使って、必死で毎日更新し続けるのはなぜか?
・・・・・・・・・・・・・
インターネットでの他者は、
実社会のようなぶつかり合いストレスの元となるようなやっかいな人間関係と違い、 “かまわれたい” “かまって欲しい” = コミットメント願望・承認願望が、ネット世界のもっとも基本的な欲望であり、しかも、自分の都合のよいかまわれ方に終始することが出来る、自分にとって居心地のよい極めて狭い友人や同好の士の範囲で成立しているからだ。


というものでした。

『居心地のよい他者』 かぁ~
たしかに・・・
そんな人たちに甘え、温々とした日々を過ごしているんですねぇ~わたし・・・

<今日のココロのカタチ:WBC午後から韓国戦ですね~勝てるかな?>

くぅ
Posted by くぅ
投稿 2006年03月16日
最終更新 -0001年11月30日

12 Comments

There are no comments yet.

dorakitty  

承認する!

このお医者さんは、精神科医かな?
心の奥のストレスを吐き出させるて事だよね!

年をとってぼけてきたりして理性がなくなると、その人の心の奥が現れるそうで、とてもお上品だった人が口汚い言葉を発するなど、周りの人が驚くそうです。
これはこの人が、理性で抑えていた心の奥。
・・・好き勝手言っている私は、ある意味、大丈夫かな~(^^;


コミュニケーション・・・
脳トレなどで知られる川島隆太さんの言葉だと、目を見て会話すると脳の活性化がなされると。
そういうのがパソコン相手だとないのでしょうね~


物は何でも使いようで、上手にPCと付き合えばいいんだよね~(^-^)
ここで、くぅさんにかなり癒されてます(^-^)
ありがとう~(*^-^*)

2006/03/16 (Thu) 13:32

ゆい  

わ~ん(/ω\)

くぅさんがぁ~!
って、いきなりビックリですよ。

どんな言葉も表情や接し方で心が見えてきますよね。
子供の言葉が少なくて相談したら、
その子の将来のためにずっとかけ続けていた英語のCDが邪魔になっていた…
公園で子供を遊ばせながら、ずっと携帯を扱っている母親…
先日の新聞記事にありました。
好きな人に告白も出来ない、怒っていることを言葉に出来ない、
そんな人が増えているのも事実ですよね。
言葉の塊が大きくなりすぎて、喉から出なくなってしまうのでしょう。
大切なコミュニケーションを機械に侵されないように使い方を間違えてはいけませんね。

現に私自身、blogの心地よさを感じてしまっていますもの。

2006/03/16 (Thu) 15:16

くぅ  

doraさん・ゆいさん

*doraさん
お・そ・ろ・しやぁ~
とてもお上品なわたしは、歳をとったらとんでもないことを言うかも知れないって事?
(〃^∇^)o_彡☆ははは
doraさん同様、わたしも人を驚かすようなことはないでしょう。
それって、安心していいのかぁ~??(´゚m゚`)プッ

そうなの、目を見て会話しなくちゃいけないの?
ど~りで、脳みその働きがなんか鈍いような・・
リアルでももっと行動的にならないとね。
ぅん?それ以上で歩いてたら夫にポイされる?
あららぁ~(笑)

わたしもdoraさんに癒されてますよ。
いつも言ってますが、感謝してます。
ありがとね。(^ー^)


*ゆいさん
わっ!びっくりさせちゃったぁ~
ごめんごめん~(´Д`lll)

人とのつながりは、機械だけでは得られないものが多いのでしょうね。
特に子どもにとって、親の愛情のかけ方に影響されることも多いのでしょう。
結果、親になりきれてない親・・・悪循環ですね。
なんだかちょっと恐ろしい気さえします。

良いところは取り入れ、調和のとれた使い方&生き方をしなくちゃね。
肝に銘じます。

2006/03/16 (Thu) 16:43

tettyan  

また来たよ

いろいろ物議をかもし出しそうな記事ですね

誰が何と言おうと、人の生き様死に様は、その人が自分で決めていると言うか選択しているのですよ。

医者も学者も過去の事例を勉強してきたのであって、未来は誰も体験していないのですから。
特に、人に教える立場の人は過去について得た知識を未来についても適用した話をする人が多いです。

中京大教授のコメントも
いくつかの事例をサンプリングした統計を示したに過ぎないと思う。

冒頭のお医者さんの話には、人の命に関わることなので、第三者のコメントは控えます。

くぅさん
知ったかぶりで偉そうに長々ごめんなさい
私のところへ来ていただき、お褒めの言葉まで頂戴したので嬉しすぎてルンルン気分で書き込んでしまいました、
怒らないでね。

2006/03/16 (Thu) 18:21

せんせい  

コメントがないと寂しかったりするのも、
やっぱりかまって欲しいからなんだろうなぁ~。

でもまぁ、理由付けなんかしなくてもいいんじゃないかと。
取りあえず、いま、ここにいるというだけね。

2006/03/16 (Thu) 20:45

くぅ  

tettyanさん

ありゃ、物議醸し出しそうですかぁ~(^^;)

こんな文章もありました。
「インターネット時代の自己は、自己を可変的で多角形的なもの、流動的なものとして扱うようになってきている。いわば自己というリアリティは自己や他者の語りによって創られてくる・・・」

じつはわたし、この文章を読んで、そうかもって思ったの。
ネットの中でのわたしという人間は、みなさんによって創られた別の人格なんじゃないかなぁ~って・・
それがおもしろくもあり、時として傍観して楽しんでいたりね。

tettyanさんはどうですか?
この辺の感覚は男性と女性では違うかも知れませんが・・・

今日のtettyanさんの写真、素敵でしたね~=*^-^*=にこっ♪

2006/03/16 (Thu) 20:47

くぅ  

せんせい

理由付けねぇ~確かに不要かも知れない。。。
でも、せんせいもわたしもそういう “コジツケ” 好きな方じゃなかった?^m^
あれぇ~せんせい違ったっけ?

結構寂しがりだったりするし、そのくせイジメルの好きだし~
(〃^∇^)o_彡☆ははは

2006/03/16 (Thu) 20:49

Dolce  

なにごとも

バランスだぁねぇ~
振り回されて身動きできなくなったら大変だけ
ど、そうでなければいいのかなって思うな。
思い切りさらけ出すもよし、第三者的に一歩引
いた形で眺めるもよし。

>いわば自己というリアリティは自己や他者の>語りによって創られてくる・・・

ネットに限らず、私たちは周りの環境によって
創られていくんだと思うの。
媒体が多少変わるだけで、多分いままでもそし
てこれからも、基本的には変わらないのかなって・・

はは、相変わらずノー天気なコメント^^;
大切なのは自分を見失わない!
ってことだよね、多分・・・(=^_^;=)

2006/03/16 (Thu) 21:04

Angie  

私は・・。

確かに、その教授さんが言うようなコメントはある意味当たってるかもしれないね。
私、今の職場、女性150人いて、そのうち30人の女性と毎日顔つき合わせてるけど、コミュニケーション、正直疲れます。社会的に必要な手段なのかもしれませんが、その中で本当に心通じる友人が出来るのは数人じゃないでしょうか。
それって、決して”毎日ブログを更新している人たち”だけじゃないと思うけどなぁ。


また、私の場合は、病気をしたことで、弱音を吐く場所としても、自分の役に立ってくれてます。

両親や友人には決して心配を掛けられない。
旦那さんには或る程度の弱音を吐けるけど、
それでも全てじゃない。
でも、心のモヤモヤは吐き出したい。
顔の見えない読者がいてくれることで、
私は安心して弱音を吐くことが出来ています。


こういうことは、その教授さんは考えてくれたことあるのかしら。


2006/03/16 (Thu) 21:37

くぅ  

Dolceさん・Angieさん

*Dolceさん
そっかぁ~そうだよね。
自分自身がそのバランスを上手に操れたら、
なんの問題にならないんだよね。
右に寄りすぎても、左の寄りすぎても
それも自覚して、必要な時の調整がとれたら、それはそれでOKだもんね。

確かにネットに限らず、
自分という “核” の上に、環境による衣装をまとっていくのかも・・・
ただネットの場合、自覚がなかったらどこまでも暴走しちゃうかな?
似合わない、カクテルドレス着ちゃったり?(笑)

うんうん~Dolceさんのおっしゃること、すごくよくわかるよ。
ありがとね。


*Angieさん
そうそう~ネットって、
リアルの世界ではなかなか言えないことも言えるって場所でもあるよね。
それを上手にさえ利用していたら、なんの問題にはならないんだよね。

うん。Angieさんの場合よくわかるよ。
要は、個々の事情にあわせて、より良く利用しようって事かな?

2006/03/16 (Thu) 22:18

和泉  

こんにちは~(●'-')ノ

私も色んな事があって、自分なりに考えた結果、
「人を認める」・・・これに尽きると思って生きてます。
でもね、、、やっぱり感情的になる事がまだまだ多くて(怒ったりとか)
ダメだなぁ・・・ってその都度、反省してます(^_^;)

Blogの事は、確かにそうだなぁって思います。
でも、逃避する意味で使うのは良くないなぁと思う。
誰だって、自分を主張したい。
でも現実では我慢しなければいけない。
現実での主張の場が限られてしまっている。
などなど。

だから、やっぱり私はどんな人でも
受け止めて、認めたい。

PS.くぅさん、今日は私がUPされてるよ~ヽ|・∀・|ノ

2006/03/17 (Fri) 17:37

くぅ  

和泉さん&みなさん

和泉さんご意見ありがとうね。

人はいろんな社会で生きなくちゃいけないのよね。
それぞれの社会に適応させて生きるって、簡単なようで結構難しいのかも。
ときどき、「あ、この人大変だろうなぁ~」っていう人に出会ったりします。
そう、第3者の見方が出来るようになったということは、ちょっと余裕が出来たことかなぁ~っておもったり・・・

ブログはそれぞれの人があった使い方をしたら良いんじゃないかな?
それで合わないと思ったら、その時点で止めちゃえばいいのかもね。

--------------------------------

なんだか、この日の記事、ヘンテコな事ばっかり書いて、みなさんを混乱させちゃったかなって反省してます。

ま、いっかぁ~
(〃^∇^)o_彡☆ははは

2006/03/18 (Sat) 09:32

Leave a reply