写非真

前々回と同じカーネーションです。


カーネーション
* この写真はロールオーバーを使っています。
* マウスポインター(矢印)を写真の上に置くとナチュラルな写真になります。


表示されている写真は「jpg変換」の際に、
“銀残し” で画像処理した写真です。


“真実を写す” と書く 『写真』。

いかにリアルに真実を写し撮るかが、
長い間の課題だったのでしょうね。


カメラの語源は、
ラテン語の「カメラ・オブスキュラ」の略で、
“暗い部屋” という意味だそうです。

暗い部屋に小さな穴があると、
外の景色が逆さまになって反対側の壁に写ります。
16世紀、カメラオブスキュラはカメラとしてではなく、
フランスの画家たちが紙に映った像を鉛筆でトレースするために使用していたそうですよ。

「世界で最初に撮影された写真」は、
1826年フランスの発明家親子によるもので、
白鑞(銅と亜鉛の合金)の板の上にアスファルトを使って風景の映像を定着させた者だそうで、
この写真は露光時間が6~8時間にもおよんだそうです。


紙ネガから陽画に焼きつける方法でカロタイプと呼ばれる、 
今のように焼き増しのできるネガ・ポジ法を完成させたのは、
1841年、イギリスのウイリアム・ヘンリー・タルボットによるもの。

このカメラは、露光時間も2、3分と短く、
それまでの、露光時間が30分程かかったカメラ(ダゲレオタイプカメラ)に比べると、
格段の進歩だったそうです。


そして今やカメラ機能のついたあれやこれ・・・
手軽でなんでも出来ちゃう時代になりました。

わたしのように敢えていろいろと手を加え、
「真実では非ず、真実に似せたものなり」な写真を、
ニエプスさん親子やタルボットさんは、どう思っているかしらね?


<今日のココロのカタチ:わたしの写真は、「記録」ではなく「記憶」の中のお花たちって事で・・・^^;>

くぅ
Posted by くぅ
投稿 2012年01月16日
最終更新 -0001年11月30日

11 Comments

There are no comments yet.

フォトフォト  

Re: 写非真

写真の歴史…、フォトマスター検定の時勉強しました。

でも、もう忘れてる。(笑)

この位のレタッチなら写真で良いと思いますよ。

今は、写っているものを消したり、写って無いものを加えたりすることも出来ますが、これは写非真でしょうね。

2012/01/16 (Mon) 11:45

@我楽多  

Re: 写非真

まぁ~写って居る物を消したり、写って居ない物を足したりするのは写真とは言えませんが、銀残しや数十枚の画像を重ねるコンポジットなどは許されてしかるべきでしょうねぇ~・・・
デジの長所は高感度で写せることにあると思いますし、フイルムは長時間露出が出来ることに強みがあると思います・・・
まぁ~適材適所で・・・

2012/01/16 (Mon) 16:11

くぅ  

コメントありがと~♪

●フォトフォトさん
ぅわ!フォトマスター検定って、そんなこともお勉強するんですか?
忘れちゃって良いよね。
覚えていても、あんまり役に立ちそうにないもの。

わたしも場合によって曇り空を雲の浮かんだ青空にしたりもします。
それはそれで楽しいので、自分では良しとしています。^^;


●我楽多さん
足したり引いたりはやっぱりダメ?
時には絵のような感覚でやっちゃってますが・・・(´▽`*)アハハ

デジとフィルムそれぞれ得手・不得手があるのでしょうね。
でも、デジは確実に進歩を続けています。
ちょっと前の説明を読んでみると、あれっ?って思いますもの。
これからどんなことが出来るようになるのか楽しみです。

2012/01/16 (Mon) 21:53

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/16 (Mon) 22:22

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/16 (Mon) 23:25

tettyan  

Re: 写非真

先生方の価値観はいろいろありますよ~

シャッターを切った瞬間
その空間の現実は捏造された現実となるのですから
これが写真なのかなんて悩む事は無いと思うんです

シャッターを切る前にゴミを取るか
切った後にゴミを消すか
どっちもその時点で対現実捏造が有る訳で
くぅさんの、作品として仕上げるテクニックはすごいと思います。

2012/01/17 (Tue) 08:21

くぅ  

コメントありがと~♪

●2012-01-16 22:22の鍵コメさん
ぅわぁ~いいなぁ~♪

わたしの使っているタムロンくんは、
「TAMRON AF28-300 F/3.5-6.3XRDi LD ASPHERICAL(IF) MACRO」
PENTAXの単焦点に比べると、「シャープさが、ぅ~ん」
いいなぁ~60周年記念でそんなレンズでてたのね。
ペンタックスはカメラ自体に手ぶれ機能があるので、
レンズには手ぶれがついてないんじゃないかな?

やっぱりお誕生日ってことで買ってもらおっかなぁ~
でもなぁ~今年はいろんな事を始めたので、
財政難の折、やっぱり我慢かなぁ・・・


●2012-01-16 23:25の鍵コメさん
ご報告ありがとうございます。
またよろしくです。


●tettyan
よかったぁ~
tettyanにそう言ってもらえて元気でた~♪

時々、写真全体がゴミの時あるけどね^^;
うれしいなぁ~(^ー^)

2012/01/17 (Tue) 08:44

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/17 (Tue) 15:51

くぅ  

コメントありがと~♪

●2012-01-17 15:51の鍵コメさん
ありがとうございます(*^ー^)/

昔はわたしもPC雑誌をよく読んだりしたのですが、
最近はさっぱり。
次に写真の撮り方などを書いた雑誌をとって読みましたが、
この頃はこちらもさっぱり。
だんだん勉強より「ま・いっか~」になってきています^^;

何よりもこうやって皆さんと交流できることが1番!
楽しいPCライフじゃないとね。
鍵コメさんも一緒に楽しみましょうね。
これからもよろしくね。

2012/01/18 (Wed) 09:05

K-Hyodo  

Re: 写非真

くぅさん、こんにちは。

おお、やっぱり銀残しは渋いですね~。
くぅさんの迫り方も見事です!

私も以前は、
「写真を撮るからには、真なるものを撮らなければ!」
みたいに息巻いていましたが、写真を撮れば撮るほど、
その真の解釈が変わってきているように思います。

撮り続けることで、自分なりの真を見つけていくのが、
いわゆる「写真道」なんでしょうね (*´艸`*)

2012/01/18 (Wed) 13:12

くぅ  

コメントありがと~♪

●K-Hyodoさん
こんにちは~♪
写真・・ありがとうございます。

“真” の解釈ですか~
「自分なりの真」ですね。
おそらくはこれからも迷ったり、嘆いたり?で、撮り続けるんでしょうね。
はぁ~い「写真道」がんばりま~す(*^ー^)/

2012/01/19 (Thu) 13:04

Leave a reply