記憶と記録そして願い

22日に撮った “樹氷写真” の続きです。


樹氷2-1



樹氷2-2



樹氷2-4



______________________________________________________________________



昨日、
『 “報道の日2011” 記憶と記録そして願い』
という長時間番組を観た。


「3.11の大震災」を、昨日の同時間に時系列で映像を再現。
“その時の各地” で何が起こっていたかを豊富な映像で伝えるというものです。

「原発事故」についても、
菅元総理.枝野両氏の証言を元に “官邸の5日間の舞台裏” と、
最悪の事態を防ぐために、決死の覚悟で奮闘した人々の姿を追っていました。


地震が起こった数分後に「津波が来る、逃げなさい」と叫びながら、
「これは将来のための記録だから」と一部始終を撮影している町長。

わずかな床に夫婦で抱き合いながら流されていく様子。
それをカメラで捉えオロオロするひと。

下校途中の子どもを、ひたすら探し歩く父親。


降り続く雪。
迫る水、そして燃える家。

「見てストレスを感じる方は視聴をお控えください」というテロップがたびたび入る。


あれは、この日本であったこと。
あれは、今年の出来事。

あの記憶と記録そして願い、終生忘れてはいけませんね。


<今日のココロのカタチ:ずいぶん雪が積もりました。積雪深46センチです。>

くぅ
Posted by くぅ
投稿 2011年12月26日
最終更新 -0001年11月30日

3 Comments

There are no comments yet.

フォトフォト  

Re: 記憶と記録そして願い

悲惨な経験もこの教訓を活かせば、将来の災害で助かることもある訳だし記録は大切ですよね。
でも…、大抵の場合、災害は忘れたころにですからねぇ。

2011/12/26 (Mon) 12:48

@我楽多  

Re: 記憶と記録そして願い

3.11から9ヶ月・・・
復興について未だ何も決まっていないし原発もどうするのか・・・
早く復興して人々が故郷で笑顔を見せて欲しいけれど・・・
我が社のコーヒー募金も復興まで続けますよ!!!
早く普通の生活に戻って欲しい!!!

2011/12/26 (Mon) 14:50

くぅ  

コメントありがと~♪

●フォトフォトさん
出来れば、二度とこんな災害がないことを願いますが、
いつ起きるかわからないのが自然災害。
記録しておくことは大切ですよね。
うん。うん。
痛みの記憶が新鮮なうちに記録と対策をね。
そうなんだよねぇ~風化しないように時々振り返らないとね。


●我楽多さん
まだまだ未解決で、不安を抱えている人がたくさん。
新しい年がくるというのに気の毒です。
安心して生活できる時は、早く訪れて欲しいですね。
コーヒー募金頑張ってね。(^ー^)

2011/12/26 (Mon) 17:31

Leave a reply