さよならモモちゃん

ショックで、悲しいです。


3週間の休園期間を終え、4/29から夏の動物園を開園させた旭山動物園。
久々HPを覗いたら、この記事に↓ビックリ!(旭山動物園HPより引用させていただきました)


 ■オランウータンの「もも」の訃報(4/23)■
 
2009年4月20日16時頃、オランウータンの「もも」が寝室で死亡していました。6歳でした。
死亡原因は、首にロープがからまったことによる窒息によるものでした。

「もも」は2003年3月24日に産まれました。母親の「リアン」が育児放棄をしたので、
飼育係が介添え保育を行い、見事「リアン」は母性に目覚め育児を始め、
「もも」はすくすくと成長していきました。
2006年7月に右腕を骨折しましたが、
人医の技術アドバイスを得ながら外科治療を行い、後遺症も無く完治しました。
2007年の7月には弟の「モリト」が誕生し、母親の見よう見まねで「モリト」の子守をし、
一緒に遊びながら、子育てをの勉強をし、そろそろ独り立ちの時期を迎えようとしていました。
我々は、「もも」のそんな成長ぶりを頼もしく感じ見守ってきました。
一番やんちゃな時期を過ぎ落ち着きも出始めていました。
そんな矢先の出来事でした。

原因のロープは寝室内のコンクリート製寝台の上に天井からぶら下げてありました。
ロープによる事故には常に注意を払っており、
ロープにはほつれないように結び目を複数作ってありました。
ももは寝台の上で立ち上がり、両手でロープの結び目と結び目の間をひねりながら開き、
その中に頭を入れ、体を回してしまったと思われます。
剖検で頸部にはわずかな圧迫痕しかなかったことから、
急激に頸部が圧迫され、柔道の絞め技で「落ちる」ように意識を失い、
地面についていた足の力が抜け、首を吊った状態になってしまったと考えられました。
発見後直ちに蘇生を試みましたが、戻ることはありませんでした。
足の着く低い場所での致命的な事故は想定していませんでした。
しかし足の着く場所だから両手を使うことができ起きてしまった事故といえます。 

開園前の準備作業に追われ、報告が遅れたことをお詫びすると共に、
ももの死を無駄にしないよう、飼育技術の向上を目指していきたいと思います。




わたしのブログでも、モモちゃんのことはたくさん書いてきました。

●ももちゃんったら・・(旭山動物園) 2006.5.19
http://kuu2005.blog17.fc2.com/blog-entry-288.html

●旭山動物園のももちゃん 2006.10.17
http://kuu2005.blog17.fc2.com/blog-entry-424.html

●ももちゃんと赤ちゃん 2007.9.19
http://kuu2005.blog17.fc2.com/blog-entry-672.html

●そしてモモちゃんは・・ 2008.5.27
http://kuu2005.blog17.fc2.com/blog-entry-845.html

そして
4/23のコマーシャライザーで、
<旭山動物園を連載している「女性自身ー週刊旭山」の先週号かな?
 オランウータンのモモちゃん一家の写真がでてますよ>
と記事に書きました。
動物園からのお知らせは、またまた偶然にもその4/23日でした。 


ありし日のモモちゃんと、もも色の薔薇
ありし日のモモちゃん
薔薇の花は、パリのお花屋さんで撮ったものです。
あんなに元気だったのになぁ・・・(ノヘ;)


残念でなりません。

お姉ちゃんべったりだった弟のモリトは、だいじょうぶでしょうか?
ママのリアンは、ふたたびちゃんと育児をするのでしょうか?

モモちゃんのファンだったわたし、
GWが開けて少し混雑が収まった頃にでも行ってみよっかなぁ~
でも・・淋しいなぁ~

● 旭山動物園ホームページ http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

<今日のココロのカタチ:モモちゃん安らかにお眠りください。
きっとあちらでも人気者になることでしょうね。>

くぅ
Posted by くぅ
投稿 2009年04月30日
最終更新 -0001年11月30日

7 Comments

There are no comments yet.

和泉  

くぅちゃん、ももちゃんももちゃんって今まで何度も記事にしてたものね。
なんだかショックだね(ノ_<。)
ううw

2009/04/30 (Thu) 11:29

AYU  

予期せぬ事故とはいえ、なんだか悔しいような…ショックだなぁ~
在りし日のももちゃんの記事、じっくり読み返してたらウルウルしちゃったよ(泣)
最近ねぇ~いつか必ず訪れるであろうルチロコたちとの別れを考えるようになって…
毎日ギューって抱きしめてますぅ。

2009/04/30 (Thu) 16:21

Banana  

くぅさんのブログでモモちゃんを知った私でしたが
悲しいですね。
きっとおりこうさんだったんでしょうね。
だからこそ起きてしまった事故なのかもしれません。
予期せぬ事故だっただけに、動物園の飼育員の方々の落胆も大きいでしょうね。

2009/04/30 (Thu) 20:10

ささら  

ビックリしました・・・

いずれは訪れる別れですが こんな形でくるとは
誰も思わなかったでしょうにね・・・・

でも私たちに素敵な夢を与えてくれた 
ももちゃん ありがとう~♪ 

2009/05/01 (Fri) 08:43

くぅ  

コメントありがと~♪

●和泉ちゃん
ショックだよぉ~

冬の間会えなかったから、
夏期の開園で、あのクリクリお目々に会えると思ってたのになぁ~
ほんと悲しいわぁ~

モモちゃんにはファンがたくさんいたと思うの。
みんな悲しんでるだろうなぁ~(ノヘ;)


●AYUさん
読んでくれたのね~ありがと。

人間を含め生きているものの宿命とはいえ、
いつか来る別れは悲しく切ないです。
ルチコロさん・・ほんとに家族だもんね。
そういう日が来ないことを祈ってますが、
でも、覚悟しておかないとAYUさんショックで立ち直れなくなるよ。
運命…寿命・・悲しいねぇ~(ノヘ;)シクシク


●Bananaさん
一緒に悲しんでくれてありがと~

最近ではママ以上に弟のめんどうをみていたモモちゃん。
良いお母さんになるだろうと、みんな期待していました。
動物園の飼育係の方はショックでしたでしょうね。
おっしゃるように落胆されているでしょ。
でも、生き物であるいじょう生も死も受け入れなくてはいけません。
辛いですね。


●ささらさん
ありがとうございます。

突然の事故でもショックでした。
わたし以上に関係者のみなさんのショックは大きいでしょうね。
先日、テレビに板東園長さんが出てましたが、
心なしか、淋しそうに見え・・・

ほんとうですね。
モモちゃんに感謝しなくちゃ。
束の間だったけれど、暖かい心にしてくれました。
もっと一緒にいたかった・・ありがと

2009/05/01 (Fri) 09:26

norica  

ええー ももちゃん亡くなったの
動物園内でも不慮の事故って起こるんですね
くぅさんのブログに登場してたから遠くにいても親近感があったから残念
ももちゃん安らかに・・・

2009/05/03 (Sun) 10:11

くぅ  

コメントありがと~♪

●noricaさん
そうなのぉ~モモちゃん天国にいっちゃったのぉ。(ノヘ;)シクシク
そっかぁ~noricaさんにも親近感を持ってもらえてたのね。

動物の管理、たいへんだよね。
飼育の係の方も、24時間ついているわけにはいかないでしょうが、
気持ち的には24時間勤務みたいなものだもんね。
残念だけれど、安らかに~と祈るしかないわぁ~(・_・、)

noricaさんちのそらちゃん&もみじちゃんも事故に遭わないように気をつけてね。

2009/05/03 (Sun) 17:04

Leave a reply