ココロのカタチ

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年09月  1/1

ヒツジが1匹2匹・・・?

きのうの空です。ヒツジが1匹2匹・・・空に群れていましたよ。調べてみると、 “ヒツジ雲” は、国際的な雲の分類方法では「高積雲」と呼ばれ、地上からの高さがおよそ5,000mの所にできる雲だそうです。よく似ている雲に、 “いわし雲(うろこ雲)”があり、 こちらは「巻積雲(絹積雲)」と呼ばれるそうで、低気圧の前面に現れることが多い雲だそうです。その違いは●ヒツジ雲に比べて高いところにあり、●ひとつひとつの雲が小さく、薄く...

  •  6
  •  0

道民性

またまた、日本海側の海の続きです。^^;●● “続き(Continue)” に、この海の写真が2枚あります●●同じような写真の連続で、ごめんなさい。__________________________________●●●__________________________________毎週木曜日の午後9時から放送の、「秘密のケンミンshow」。時々ですが、楽しく見てました。先月は、その中の「転勤ドラマ」で、いよいよ北海道に転勤してきた主人公が、北海道のあれやこれやを紹介するというので、...

  •  3
  •  0

荒波/暑い夏が残したもの

寿都から積丹半島神威岬に至る、日本海側の海の続きです。●● “続き(Continue)” に、この海と波の写真が5枚あります●●ちょっと欲張ってアップしちゃいました。ごめんなさい。北海道では、最盛期には100万トン近くの漁獲高があったニシン。この国道229号も、かつてはニシン漁で栄え、「ニシン街道」とも呼ばれ、財を成した漁師による「ニシン御殿」があちこちに建ち、その栄華を伝えています。そのニシンも昭和30年(1955年)以降は...

  •  6
  •  0

都道府県別の魅力度 “ NO1”

昨日の続き、日本海側の漁港の海です。北海道はご存じの通り、日本の国土の1/5を占める大地。今回の函館への旅行で、実感したことと言うと、@ひとつは、今更ですが、「ほっかいど~は、デッカイドー!!」(笑)でした。往復の所要時間は、 ・行きは深川から長万部まで高速を使い、約7時間。 ・帰りは積丹半島をまわって、約11時間。それぞれ、食事をしたりあちこちに立ち寄り写真を撮ったりしたので、その時間も含まれてはいますが...

  •  7
  •  0

トリミング-海と電線

岩内(たぶん・・)の漁港この写真、結構お気に入りなんです。でも・・・ “海” と “電線” って、変な組み合わせだよね。(¨;)というのでいろいろ手を加えてみました。 ●●以下の写真はクリックすると大きくなります●●電線を消してみました なんか、「物足りない」というか、「画面構図のバランスが悪い」というか・・ピンと来ない。トリミングしてみました ● 正方形に  ● 縦×横=5:6に  ● 縦×横=6:5に(電線あり)  ● 縦×横...

  •  4
  •  0

ワタシ ニホンゴ・・・ 

お隣さんの隅に何かいる! 3枚の写真を重ねて表示しています。  “表示されている写真” は一番上のものです。 2枚目・3枚目は、それぞれ “マウスを当てる” “クリックする” で表示されます。のら猫?!す・すいません。お昼寝のお邪魔をしまして。でもそんなに睨まなくても・・・(;´▽`lllA``暑い夏が終わり、キミにとっても、気持ちの良い季節ですもんねぇ~__________________________________●●●_________________________________...

  •  3
  •  0

「婦女子通行禁止令」の道を行く

寿都の風力発電の風車です。●● “続き(Continue)” に風車の写真があと2枚あります●●地図を見てわかるとおりの、キュツ!と(女性のウエストのように?)くびれた地形は、日本海と内浦湾(噴火湾)の両方からの風が強いそうで、風力発電に向いているのでしょうね。__________________________________●●●__________________________________この寿都から、岩内を通り、積丹半島までは、国道229号を通って行きます。国道229号は、北海...

  •  5
  •  0

日本海のウニ丼

海で~す。日本海で~す。そして・・・(^ ^)vうれしや海~♪ここの海って言ったら   『うに』 →  『ウニ丼』 でしょ!もぉ~完全に舞い上がってましたもん。で見つけたのが、「ウニ丼始めました」の看板。(たぶん岩内。寿都かも?)なんかお店っぽくないんですけど・・ちょっとバッチイ感じなんですけど・・ま、いっかぁ~値段も聞かずにウニ丼を注文し、 “前浜” で写真をパチリ。え!これ ↓ って、2,500円もすんのぉ~!!  美味しそ...

  •  4
  •  0

秋のベリーショート

ハマナスでしょうか。若草色の葉っぱとの「緑のグラデーション」が良い感じです。突然、日本列島に秋がやってきました。こちらも、2・3日前までは30度越えの真夏日で、うんざりだったのに、今朝は11度の予報でした。葉っぱや木々が雪に覆われる季節も、まもなくやってくるのでしょうね。あ~あぁ・・・です。勝手ですが、夏の暑さに我慢した分、 “冬”を短くしてぇ~! あの白い季節は、12月から2月位の3ヶ月にしてぇ~!お・ね・...

  •  6
  •  0

女子カメラ風に?

大沼公園のボート置き場です。実はわたし、こう見えても?ボートを漕ぐのがうまいんですよ~♪子どもの頃、父とよくここでボートを漕ぎましたから~♪きっと小学校の高学年だったのでしょうね。あれっ?その時4歳上の姉と母はどうしていたのだろう?2艘で競争した記憶もないし・・・(´▽`*)アハハ 今回は函館へ行く途中だったので、ボートは乗りませんでしたが、いつかきっと乗ってみたいと思います。その時に母と姉の記憶よみがえる...

  •  3
  •  0

セイシュンの様相

大沼公園でノ~ンビリとご休憩なのは・・・もしかしたら「ボランティアガイド」の方?こんな、のんびりした雰囲気の公園も好きです。__________________________________♥♥♥____________________________________リンクの、Kさんが読んだという有川 浩さんの 『三匹のおっさん』。面白かったとおっしゃっていたので、わたしも早速、図書館から借りて読みました。(詳しくは Kさんのブログ記事 をご覧ください...

  •  3
  •  0

大沼国定公園と駒ヶ岳

大沼国定公園と駒ヶ岳1958年(昭和33年)国定公園として指定された、大沼公園です。1915年(大正4年)には、「新日本三景」にも入選したそうで、大沼・小沼・蓴菜(じゅんさい)沼の3つの湖と、駒ケ岳を抱く美しいところです。この駒ヶ岳、初めは富士山のような、円錐型の山だったそうですよ。それが度重なる爆発によって、荒々しい山頂部となだらかな裾野をもつ現在の姿となり、今も活動する活火山です。函館の中心部から北へ20kmほ...

  •  2
  •  0

チ染めの?連休

ストップ!進入禁止です。そろそろ “夏”も、進入禁止。忘れ物でもしたように、時々真夏のような気温が戻ったり・・でも、9月も半ばを過ぎましたよぉ~日中30度を超えたのは、昨日が最後でしょうか?ぶどう・なし・りんご・・・それにサンマ・・・^^;スーパーは、秋の味覚にあふれています。__________________________________●●●__________________________________タイトル・・ショッキング?^^;でも、あまりリアルではと、一応 “チ”...

  •  4
  •  0

函館まとめ

夕暮れ迫る埠頭です。ナイトクルーズは、このあたりから出発します。●●●9月はじめから掲載してきた函館の写真、今日15日で一応終わりにしたいと思います。また何かの機会に、アップ出来なかった写真を掲載するかもしれませんが・・・といっても、函館帰省旅行はまだ続きます。次回からは、往路、復路で立ち寄った色々な場所での写真をアップしていきますので、よろしくおつき合いくださいね。最終ということで、函館写真でアップした...

  •  5
  •  0

外人墓地/金本知憲選手

外人墓地から、サンセットをビュー実家のお墓もこの近くにあります。外人墓地じゃ、ありませんが (*´艸`*)ご先祖様は、いつもこの眺めをご覧になってるかな?__________________________________●●●__________________________________プロ野球「阪神タイガース」で、 “アニキ” と慕われ、チームの中心として長きにわたり貢献していた、金本知憲外野手が、プロ21年目の今季限りで現役を引退することになりました。1492試合連続 “...

  •  3
  •  0

立待岬

●立待岬の断崖から海を見下ろす。●● “続き(Continue)” に断崖から海を見下した写真があと2枚あります●●荒波が崖を削っています。立待岬は、函館山の南端に突き出た岬で、津軽海峡をはさんで下北・津軽半島を彼方に望む風光明媚なところです。かつては異国船を監視する要所だったそうですよ。そして、自殺の名所?だったとか。岬の上に立ち下を眺めると、吸い込まれていきそうな感覚に襲われるのは、そんな歴史があるから?夜はイカ...

  •  5
  •  0

大雨と雫と恐敵

朝方、すごい音を立てて雨が降っていました。札幌の東に位置する空知地方では、河川の増水やはん濫の警戒と、避難指示が出ていました。JRも、一部運休などがあるようです。その雨がからりと上がり、サンサンと陽が注いでいます。さすが “秋” !!庭のアスパラの枝葉についた雫です。午前10時現在の気温は、23.1度。そよそよとかすかに風も吹いて、爽やかです。ベランダのたたきに置いたサンダルは水浸し。玄関から庭に回り、深呼吸を...

  •  9
  •  0

あれから1年半

立待岬と月2012 8/28 17:35の写真です。__________________________________♥♥♥__________________________________あれから1年半が経ちました。被災された方にとって、この1年半は長く辛いものだったのではないでしょうか?「地震後も日々を継続中。」の琴子さんの去年3月の日記には、<一年が過ぎて、津波被災地域の人の言葉。 “がんばろう”とか“復興”とか“絆”も・・・疲れた「普通」に戻りたい、それだけ・・・...

  •  3
  •  0

ベイエリアでランチ

「ベイサイドレストランみなとの森」です。ここでランチをいただきました。昨日の写真の運河のすぐ傍のレストランです。お食事の内容は、スープ ・プチアミューズ盛り合わせ ・パンなど、それにパスタがついて、さらに食後にはコーヒーor紅茶がついています。ランチは1200円でした。●● “続き(Continue)” お食事の写真をアップしておきますね●●そして、このベイエリアの大好きなレンガの建物、それに絡まるツタなどの写真が残ってし...

  •  7
  •  0

ザ・はこだて

●帆船の集合たくさんの帆船が埠頭に集合していました。帆を広げているところが見たかったなぁ~残念!●イカ釣り漁船ちょっとわかりにくいかもしれませんが、たくさんの集魚灯をつけています。(Zoom it の “+” にするとわかるかな~)この光に反応して、イカが寄ってくるようです。函館というと “イカ(烏賊)” 「イカを大量消費する函館を侵略すべく、イカール星人が襲来した!」という 『はこだてCM放送局』 には、その動画が7本...

  •  2
  •  0

穏やかな海

穏やかな函館港です。●● “続き(Continue)” に穏やかな港の写真があと2枚あります●●やっぱり海大好き!!♥海は♥広いな♥大きいなぁ~♪です。(旧約聖書)の『創世記』では,天地創造が6日間で行われ7日目に神が休息したそうですね。 神は3日目に植物を、 5日目に魚と鳥を、 6日目に獣と家畜そして神に似せた人を造ったのだそうですよ。でもわたしは、生命の起源は、海にあるような気がします。でも大好きな海...

  •  3
  •  0

函館公園/秋?

函館山の麓にある、静かな公園です。●幾度となく登った緩やかな坂道・・●この間段を上りきると、喫茶店が・・・クラッシックを聴かせてくれる、昔ながらの喫茶店でしたが、今はどうなんでしょう。●右手の建物は「旧函館図書館」趣のある、立派な建物です。ベンチに座って、母とスケッチをしたのは小学校の低学年の時だったかな?♥♥♥どこにでもある公園です。でも、ちょっと違うのは、木々に見られるように、ものす...

  •  7
  •  0

元町チャチャ登りの教会

連日の函館の記事に、「行ったことあるよぉ~」のコメントをいただき、超喜んでいます。なんだか、うれしいなぁ~♪で、今日も函館の写真&記事です。もしかしたら、今日の教会も?(^ー^) @ 皆さんのブログに「函館の写真」をアップしていたら、写真のURL教えてください。 差し支えなかったら、紹介させていただきま~す。●●●元町には、チャチャ登りを中心に3つの教会があります。●ハリスト正教会  * この写真はロールオー...

  •  8
  •  0

函館山へ

函館山頂上の展望台です。晴れていると、函館市街はもとより、津軽海峡を挟んで遠く下北半島をも望む事ができるのに、残念ながらこの日は霧がかかりごらんの通り。しかも・・いつもなら暑い日でも山頂は寒いのに、蒸し暑い・・・(´Д`lll)  *写真はクリックすると拡大しますまた函館山からの夜景は、「日本三大夜景」のひとつで、(あとのふたつは、神戸の摩耶山掬星台・長崎の稲佐山だそうです)くびれたマチのその灯に、海からのイ...

  •  8
  •  0

ナイトクルーズ船から見た函館

ナイトクルーズの続きです。サンセットの時間から、徐々に港にも夜が近づき、マチの灯りがキラキラと輝き始めました。●函館山と西部地区です。函館山の頂上に見えるのはテレビ塔です。最近映画化された、佐藤泰志さんの本「海炭市叙景」では、 “山” と言うより “丘” に近いとありましたが、334メートルの函館山は、いつも函館のマチをを見下ろしている丘のような感じでしょうか。実はこのナイトクルーズの前に、函館山の頂上まで行...

  •  3
  •  0

ジオラマな函館の倉庫群

遊覧船から撮りました。遊覧船でのナイトクルーズには、出港15分ほど前に乗船しました。これが大正解。岸壁で海を眺めるひと、観光客でしょうか、カメラを構えるひと(あ・・わたしのそのひとりでした^^;)静かにベンチに座る人、ゆっくりと散策をするひと・・・船からの眺めは、西埠頭に続く倉庫群の街並みが、まるでジオラマのようでした。●● “ReadMore” に、船からの写真があと2枚あります●●ここは、わたしの思い出深い大好きな場...

  •  6
  •  0

函館旅行-茜色に染まる海

函館港のサンセット 夕方6時30分から遊覧船ブルームーンで、「ナイトクルーズ」をしてきました。約1時間の周遊ですが、茜色の空が辺り一帯を染める様は、ロマンチック。やがて闇がすべてを包み込むのでした。●●●ただいまぁ~♪まだまだ猛暑が続いていますが、皆さんお元気でしたでしょうか?函館も100年来の猛暑?旭川より涼しいはずなのに、暑い暑い。でも。。。やっぱり函館は素敵でした。そして、この旅は「海大好き!」を再認識...

  •  9
  •  0